並木、坊っちゃん

 日本橋呉服町に在る宏壮(おおき)な建築物(たてもの)の二階で、堆(うずたか)く積んだ簿書の裡(うち)に身を埋(うず)めながら、相川は前途のことを案じ煩(わずら)った。思い疲れているところへ、丁度小使が名刺を持ってやって来た。原としてある。原は金沢の学校の方に奉職していて、久し振で訪ねて来た。旧友――という人は数々ある中にも、この原、乙骨(おつこつ)、永田、それから高瀬なぞは、相川が若い時から互いに往来した親しい間柄だ。永田は遠からず帰朝すると言うし、高瀬は山の中から出て来たし、いよいよ原も家を挙げて出京するとなれば、連中は過ぐる十年間の辛酸を土産(みやげ)話にして、再び東京に落合うこととなる。不取敢(とりあえず)、相川は椅子を離れた。高く薄暗い灰色の壁に添うて、用事ありげな人々と摩違(すれちが)いながら、長い階段を下りて行った。
 原は応接室に待っていた。
「君の出て来ることは、乙骨からも聞いたし、高瀬からも聞いた」と相川は馴々(なれなれ)しく、「時に原君、今度は細君も御一緒かね」
「いいえ」と原はすこし改まったような調子で、「僕一人で出て来たんです。種々(いろいろ)都合があって、家(うち)の者は彼地(あっち)に置いて来ました。それにまだ荷物も置いてあるしね――」
「それじゃ、君、もう一度金沢へ帰らんけりゃなるまい」
「ええ、帰って、家を片付けて、それから復(ま)た出て来ます」
「そいつは大変だね。何しろ、家を移すということは容易じゃ無いよ――加之(おまけ)に遠方と来てるからなあ」

 やがて書記の川村がどうかお着席をと云うから、柱があって靠(よ)りかかるのに都合のいい所へ坐(すわ)った。海屋の懸物の前に狸(たぬき)が羽織(はおり)、袴(はかま)で着席すると、左に赤シャツが同じく羽織袴で陣取(じんど)った。右の方は主人公だというのでうらなり先生、これも日本服で控(ひか)えている。おれは洋服だから、かしこまるのが窮屈(きゅうくつ)だったから、すぐ胡坐(あぐら)をかいた。隣(とな)りの体操(たいそう)教師は黒ずぼんで、ちゃんとかしこまっている。体操の教師だけにいやに修行が積んでいる。やがてお膳(ぜん)が出る。徳利(とくり)が並(なら)ぶ。幹事が立って、一言(いちごん)開会の辞を述べる。それから狸が立つ。赤シャツが起(た)つ。ことごとく送別の辞を述べたが、三人共申し合せたようにうらなり君の、良教師で好人物な事を吹聴(ふいちょう)して、今回去られるのはまことに残念である、学校としてのみならず、個人として大いに惜しむところであるが、ご一身上のご都合で、切に転任をご希望になったのだから致(いた)し方(かた)がないという意味を述べた。こんな嘘(うそ)をついて送別会を開いて、それでちっとも恥(はず)かしいとも思っていない。ことに赤シャツに至って三人のうちで一番うらなり君をほめた。この良友を失うのは実に自分にとって大なる不幸であるとまで云った。しかもそのいい方がいかにも、もっともらしくって、例のやさしい声を一層やさしくして、述べ立てるのだから、始めて聞いたものは、誰でもきっとだまされるに極(きま)ってる。マドンナも大方この手で引掛(ひっか)けたんだろう。赤シャツが送別の辞を述べ立てている最中、向側(むかいがわ)に坐っていた山嵐がおれの顔を見てちょっと稲光(いなびかり)をさした。おれは返電として、人指し指でべっかんこうをして見せた。